薬をレベルアップし、いざ治療に挑戦

治療始めて2か月は一番優しい薬の投与でした。
一番自然妊娠に近い状態で妊娠に導けるということでしたが、残念ながら私には効果がありませんでした。


今回から薬はクロミッドという薬になりました。
排卵誘発剤なのですが、ネットの不妊関係のブログでよく登場する薬です。


このクロミッドを生理5日目から飲み、7日目くらいから注射に通います。


これは毎日通わなくても大丈夫かも、と言われていたのですが、結果排卵のころまで毎日通うことになりました。





クロミッドと今までの薬、何が違うかと言うと、クロミッドで成長した卵子に、精子が入りにくいらしいです。


ということは、そうです。
人工授精です。


とうとう夫にも実質的な協力をお願いせねばならなくなりました。(今までは私だけ通って痛い注射我慢)


排卵近くになると排卵日チェックの検査薬を処方してもらい、その日から3日間、朝と夜のチェックをします。今回この時期が週末と重なりました。





もし日曜の朝に陽性になったら緊急連絡先(院長携帯)に電話をし、夕方ごろ夫は採精することになります。


聞いてきた注意事項などを息子がいる前で説明し、容器を渡しました。


夫婦共にそわそわした週末になりました。
でも夫にも今回ちょっと頑張ってもらわないといけないので、週末の夕食はお肉奮発してすき焼きでした。


夫はすき焼きの理由はもちろん承知ですが、なんだか笑えることに、何も知らない息子だけがただただちょっといいお肉を一番多く食べているのでした・・・。